「人体の値段は?」という小ネタ

67 名前:名無しさんの次レスにご期待下さい[sage] 投稿日:2013/05/08(水) 19:27:21.69 ID:RMqon3D+0
「人体の値段は?」という小ネタ
うちの学校でも道徳か何かの時間に先生から話を聞いたことがあって、
それに対する感想の発表を求められ
(授業の意図としては「人間の価値は外形ではなく精神面にある」という方向に持っていきたかったらしい)、
「全身を裏ルートの臓器売買に流せば、もっと数百万~億単位になると思う」
「せっかく化学合成が難しい物もある有機結合なのに、なぜ元素レベルにバラすのか。
各種の蛋白質や脂肪、血液成分など、高分子のまま医薬・化粧品材料等に提供すればもっと高値では?」
「人体から鉄分やらリンやらをわざわざ抽出・精製して釘だのマッチだの低価格品を作っているのに黒字になるのは
加工経費を差し引いてない純粋な製品価格ベースだと思われるが、じゃあ加工費を無視できるなら
炭素から鉛筆の芯とか単価の低い物でなく、同じ量の原料なら人工ダイヤを作った方が
工業用だとしても価格を高くできるはず」などと答えたら、
「そういう事いってるんじゃない!!」と怒られた思い出がある。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です