カエルにパンとウィンナーを与えた

夕暮れ時に帰宅すると,家の前にカエルがいた。
田んぼなどない住宅地なのに、めずらしいこともあるもんだ。

そこで、家からパンを持ってきて与えたのだが微動だにしない。
カエルは肉食かもと思い,次はウインナーを持ってきたのだがやはり動かない。
つまらないので、俺は家に入ってしまった。

次の日の朝、嫁さんが怒っていたのだが、理由は次のとおり。

「大きなウンチのまわりにパンとウインナーが置いてある。悪質な嫌がらせだけど、意味がよくわからない!」

もちろん嫁には真相を話していない。
死に際に打ち明けるつもりだ。