ガラスの扉

お店で順番待ちをしていた時の事です。

そこのお店は、入り口から横に壁に沿って順番待ちする人の為の椅子が並べてあります。
通路を挟んで向かい側には別の飲食店の入り口があります。
椅子に座っていると、向かい側の店から人が出口に向かって歩いて来るのが見えました。
結構なスピードで。
するとドカーンと大きな音を立てて、入り口のドアにぶつかったのです。
顔が押し付けられ、口元はたこのよう?!
入り口の扉はガラスで、閉まっていた事に気付かなかったようです。
最初は唖然としたものの、その後は笑いが堪えられず、涙がボロボロ流れました。
まるで漫画でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です