パンをくわえて美少女にぶつかる

パンをくわえて美少女にぶつかるってシチュエーションに憧れたことがあった。
で、ある日実行しようと思ってきっちり朝飯食べて腹いっぱいなのに、わざわざコンビニでパン買ってくわえて走ってみた。自然な感じで。

でもさ、みんな進行方向が同じだから、まずぶつからないよね。
それでも俺はくわえて走り続けた。遅刻ギリギリの時間になるように時間合わせて。

そしたら校門の前で遅刻狩りしてるヒゲの学年主任が「何でくわえてるんだ?」って言って来て、「朝飯食う暇なかったんすよー!ギリギリっすよ」とか言ったら「ここで食べちゃいなさい、今日はいいよ、チャイム気にしなくていいから」と優しい言葉をかけてくれた。

飲み物なしの焼きそばパンをモソモソしてた。
みんなに不思議な目で見られながら、ヒゲ先生と向かい合って食べた。

ヒゲ先生は気を遣って「○○(俺)のお母さんは仕事してるのか?」とかいろいろ話しかけてくれた。
教室行ったら隣の席のヤツ(男)が「だいじょぶ?俺パン持ってるけど食う?腹鳴るとやだよね」ってこれまた優しい言葉をかけてくれて、なんかね、もうね、切なくなった。