会社で、大箱抱えて階段を上っていたときのこと

最近やっちゃった話です

会社で、大箱抱えて階段を上っていたときのこと

見た目より軽いのでついつい油断してしまい棒立ちになったら、重さで後ろにひっくり返った
「あっ、頭を打ってしまう」と怖さのあまり箱を放して
ブリッジで体をささえた(ちょっと角で頭打った)

箱は慣性の法則で、後ろにいた彼氏(社内恋愛です)を直撃
彼氏が階段踏み外して転落し、見ていた同僚が「キャーッ」と悲鳴を上げ
みんなが集まってくる大騒ぎになってしまった

彼氏は「彼女を手伝おうと近寄ったら箱が飛んできて階段から落ちた何をいってるか・・・」状態
(左腕にあざができただけで幸い無事でした)

目撃者は「彼氏くんが近づいたら、突然彼女がエビぞりして箱をぶつけた何をいってるか・・・」状態

会社中で笑われ、上司たちから「シャーク・キャスティングって知ってる?」
「エクソシスト・ディレクターズ・カット」「投げっぱなしジャーマン」といろんなことを言われた
(全部ググって意味を把握しました)

不本意な綽名が一気に増えて困っています
っていうか、彼氏がいまだに思い出し笑いばかりして、いいムードをつくってくれません


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です