保険

破産の噂があるブラウンが自宅に15万ドルの火災保険を掛けた
前払いの六ヶ月分を払い終え、セールスマンになにげなく聞いた。
ブラウン『きみ、もし今夜俺の家が火事になったら幾らもらえるだろう?』
今まで愛想よく約款を説明していたセールスマンは顔をあげ冷たく言った。

『今なら十年ってとこかな』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です