彼女と彼女の地元にある山に登山に行った時の事。

454 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2013/04/30(火) 19:09:18.69 ID:P/bfAIgP
今思い出すと若干笑える話だけど

彼女と彼女の地元にある山に登山に行った時の事。
誰もいない山道を二人でどうでもいい話をしながら歩いていた。
さっきから道中でチラチラと狸を見かけていたので動物の話をしていたら彼女が熊も出ると言い出して
地元で昔キャンプ中の人達が熊に襲われた事件があったのを思い出してその話をしだしていたところ、
突然数メートル先で横の斜面から土や落ち葉と共に何かが滑り落ちてきた。

二人でびっくりして瞬間的にダッシュで逃げようとしたけど、落ち着いて見てみると
落ちてきたのは何故かズボンがほとんど脱げてる40代くらいの女性だった。
女性はピクリともしなくて、山中で襲われて逃げてきたのではないかとか別の恐さを感じながら彼女とゆっくり近づくと「プスーーー」と女性がオナラ(多分)をした。
突然のオナラで笑いそうになったが、地面をよく見ると失禁しているのにも気づいてこれは非常事態だと確信した。
とりあえず脱げかかっていたズボンを上げて仰向けに寝かせたが、全身傷だらけというか落ち葉だらけで気を失っているみたいだった。
電話(共にvo○afone)が圏外で助けも呼べなくて困っていると、山道の先の方から男性が「無事ですかー!!」と叫びながら走ってきた。
話を聞くと男性と女性は夫婦で俺らと同じく山登りに来ていたのだが奥さんが用を足しに道の端っこで座りこんだ瞬間に足元が崩れて下に転がっていったらしかった。

旦那さんの方も数百メートルとはいえ山道を必死で駆け下りてきたので息が上がって座り込んで真っ青な顔で苦しいとか言い出したので、
俺は助けを呼ぶために走って山道を引き返してたら途中で他の登山者に偶然会って、その人に事情を説明してその人の電話でレスキュー隊を呼んでもらった。
幸い夫婦はどちらも命に別状はなかった(奥さんは数箇所の軽症の打撲、旦那さんは貧血)。その後お礼の手紙を頂いたり披露宴の時には電報まで頂いたりしたが
奥さんが尻丸出しで俺らの前に現れた事は未だに秘密にしている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です