栗とり

 427 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/08/02(月) 21:12:20 ID:5SgqofIA
早々と落ちてしまった小さな栗が、道にいくつも転がっていた。
前を歩いていた母親と男の子(5歳くらい)の会話。

「おかあさん、栗だ!栗だよ!」
「ホントね?。まだちっちゃいね」
「とっていい?」
「トゲトゲが痛いからやめときなさい」
「えー、栗とりしたいなぁ、栗とり!栗とり!」
「……だめ」
「栗とりー!栗とりするー!栗とりするー!!!」
「しっ、やめてよ、栗とりじゃないの、『栗拾い』って言うの」

後ろでプルプルしつつ堪えたが、我慢できずに道を変えた