淡い思い出

保育園のお昼寝の時間は苦手だったな。
俺は昼に眠れない人だったから、全員寝てるのに自分だけずっと起きてるのが普通だった。

ある日、先生がその事に気がついて横で添い寝してくれるようになった。
小声でこっそり「甘えてもいい?」ってきいたら「うん」て言ってくれたので胸に顔うずめた。
胸のボタン外しても怒られなかったのでおっぱいに吸い付いたらきゅっって抱きしめてくれた。
甘い香りのするとても優しい先生だった。

当時はまだ保父さんって珍しい時代だった。