理解した瞬間、顔から火を吹きそうだった

210 名前: おさかなくわえた名無しさん Mail: sage 投稿日: 2012/07/05(木) 19:57:50.23 ID: GFqv/Mzp
海外に住んでいた頃の話。

お昼を作るのが面倒で、デリバリーを頼んだ。
届けに来たのは若い男の子。
私を見るなり「日本人?」とか「この国は気に入ってる?」とか
「日本人の女性は美人が多いね」とか
気さくに話しかけてくれる良い子だった。

商品の受け渡しが終わると、男の子が突然
「電話ください」と言い出した。
本当はもっと長いフレーズだったけど、当時の私の現地語レベルが低く、
そこだけしか聞き取れなかった。何度聞き返しても同じ。
仕方ないので英語で聞き返したり、どうして電話が必要なの?と聞いたけど
彼は英語ができないようだった。

戸惑っていると、今度は「紙をください。電話番号。」と言い出した。
あぁ!紙に電話番号書いてくれor書くから電話くれってことか!と思い
「私、結婚してるから電話はできないわ(キリッ」と答える私。ポカーンとする男の子。
そしてキョロキョロとしだし、玄関脇に置いていたレシート(商品と一緒に受け取ったやつ)を
手に取って「コレ、コレ。商品に問題があったら、ここの番号に電話してください」
とゆーっくり話してくれた。理解した瞬間、顔から火を吹きそうだった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です