葬式会場を笑いの渦に叩き込んだ

937: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/30(木) 10:57:58.42 ID:D6PZ7giI
どっかに書いたかもしれんが
母方の爺ちゃんが死んで、通夜の時
喪主の叔父が2階に上がっていた
叔母が、お経を上げると言うので、親父と親父の弟、
俺、母、弟、従姉妹が爺ちゃんの棺の周りに集まった

お経が始まり、暫くすると、お経にあわせて何か音が聞こえてきた
2階で寝てしまった喪主の鼾だった
お経にあわせてヤケにリズミカルにひびきわたる鼾
腹筋崩壊寸前な俺たちをオヤジが振り返って、目で「笑うな」と睨む
だが、親父も肩をピクピク震わせていた
お経が終わるまで必死で耐えた
終わった瞬間、お経を上げていた叔母が吹き出し、全員腹筋崩壊
翌朝、叔父は叔母と母に〆られた
そして葬式本番
お経が終わり、喪主の挨拶の為に立ち上がった叔父は
座敷で葬式、正座で足がしびれる、無理に立ち上がるという誰でも判るフラグを立てて
よろけて坊さんに蹴りを入れかけ、慌てて避けたため祭壇に突っ込む寸前
何とか手を突いて止まった
全員が肩を震わせていた時、更に無理をして立ち上がりきれず、
生まれたての子鹿の様な動きでよろけて、
結局祭壇に手を突いてしまい葬式会場を笑いの渦に叩き込んだ

当然、叔父は〆られた


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です