頑張れ店長

近所のスーパーの話
そこは入口に、店への意見などを書いて入れるアンケートボックスが置いてある。隣にアンケートへの店の声を貼る掲示板がある。ある日その掲示板をみた。
「店長の顔がマジキモい。しかもハゲかよ」
と書いてあった。その下の店長からという欄に
「申し訳ありません。私もお客様に不快な思いをさせないよう日頃から気をつけます」
と書いてあった。
頑張れ店長

毛生え薬

投資家Aは、著名な医学博士Bに新薬開発資金を提供することになった。
医学博士「私の今までの研究から、「不老の薬」と「毛生え薬」は実現可能であることがわかっています」
投資家「では両方作ってくれたまえ」
医学博士「両方を開発する余裕はありません。どちらか一つしかできません。」
投資家は迷わず「毛生え薬」を作るように指示した。

髪が少ないお客様をどう呼べば良いと思いますか

905 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 01:37:46.75 ID:UkJcnmVw
うちの姉貴が某ヅラ会社に入社したので 今 研修を受けてるらしんだけど
講師の人に「髪が少ないお客様をどう呼べば良いと思いますか?」と聞かれて
指された人が極度の緊張からか「も、毛髪の不自由な方」と言った後で
「も、毛髪のずさんな方」と、言い直したらしい。
正解は「頭髪でお悩みの方」らしい。

髪の毛がk本しかない人をハゲと仮定すると、

516 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 02:29:21.10
髪の毛がk本しかない人をハゲと仮定すると、
k(本)=ハゲという式が書ける これを(ア)と置く
ここでこのハゲに髪の毛を1本生やしてみると、このハゲの髪の毛の本数はk+1本となる
しかしハゲに髪の毛が1本増えたとしてもハゲはハゲである
つまり、この場合の数式は
k+1=k である
これを数学的帰納法で考えると、
k+2本=k、k+3本=k、…、k+n=kと書ける
このk+n=kを(イ)と置く
(ア)(イ)より、
k+n=ハゲという方程式が導き出せる
人間の髪の毛の本数の範囲は
0<髪の毛<n
以上の結果より、この世界の全ての人間はハゲである