カニ道楽の看板

大阪に多くの店舗を持ち、動く巨大なカニの看板で有名な「カニ道楽」。
しかし、あの看板が人力で動いていることを知る人はあまりいないだろう。
お店を作ったときに、看板は作れたものの、そこで資金が限界に来てしまい苦肉の策としてアルバイトを雇って、自転車のようなものを漕がせてかに看板の動力としている。
ちなみに時給は800円。看板の動き具合で時給がわずかに増えることもある。

鼻炎カプセルの使い方

ある女性が友だちの女の子と待ち合わせをしているとき。
前日の電話で友だちの調子がおかしいことに気がついた。
会話の途中でズルズルと鼻をすする音がする。
具合が悪いの?ときくと、風邪ってわけではないけど鼻水とくしゃみが止まらないという。
それは鼻炎だよ。大事にしておいたほうがいいわよ。鼻炎カプセルでも使えばよくなるわよ。
そして、友だちは待ち合わせ場所にダラダラに汚れたマスクをつけてやってきた。
なんと友人は鼻炎カプセルを患部である鼻に突っ込んで使うものだと勘違いし、
2つの錠剤を鼻にいれてやってきたのだ。
彼女曰く、恥ずかしいからマスクをつけてきたんだけど、途中で汚れちゃってどうしようと思ったらしい。

すみません、降ります

満員電車で「すみません、降りますー」って言ってもピクリとも周りが動かず出られず、
後ろのお兄さんも「この人降ります」って言ってくれたんだけど誰も動かなかったので
「すみません、吐きます」って言ったらサーッて開いた。
聞こえてんじゃん。

鍋を被りながら

昔住んでいたアパートは洗面台がなく、台所で顔を洗っていた。
洗顔料を泡立てて顔につけたとき、シンクの上にとりつけた棚に頭がぶつかり、鍋が落ちてきた。
鍋はすぽっと頭にはまり・・・
一瞬躊躇したが他に見ている人もいなかったので、そのまま顔を洗いつづけた私・・・

サドル

昨日学校から帰ろうと駐輪場へ自転車取りに行ったのね
すると俺のチャリが何か変なんだよ
良く見るとサドルが無くなっている!
あたりを探してみたんだが、見つからないんだ。

梅干しの種

入院したばあちゃん
ある時、うちのばあちゃんが調子を悪くした。
病院で見てもらったところ梅干の種が胃の中に10数個ほどたまっていたらしく緊急入院させられた。
うちの婆ちゃんは梅干の種を飲み込むと種が大腸にたまった老廃物を擦り落としてくれて健康になると昔から言っていた。

悪魔の憂鬱

悪魔が集まって何やら会議をしている。
A「年長者の意見しか通らないのに、私が意見する意味があるとは思えません。そう思いませんか、Bさん」
B「若造が我に意見しようなぞ1万年早いわ!ね、Cさん」
C「若造が我に意見を求めようなぞ、10万年早いわ!ね、Dさん」
D「悪魔に年齢って関係あるかなぁ?Aさん、どう思う?」